シーズン千歳TOP

シーズン千歳公式facebook

シーズン公式instagram

シーズン公式LINE

工法・性能Performance

シーズンの家は断熱性に優れ
自由な設計が可能

シーズンの家 構造イメージ

新在来工法

新在来工法イメージ

設計の柔軟さと耐震性のミックス工法

新在来工法とは設計自由度の高さに定評のある木造在来軸組と耐久性の実績がある2×4(ツーバイフォー)接合金物をミックスした工法です。敷地形状を問わない自由な設計が可能でありながら、あらゆる方向からかかる外力を建物全体で分散して受け止める事ができます。積雪や縦揺れの地震など、上から下への鉛直荷重、地震や台風などの横からの水平荷重を受け止める相乗効果で「耐震強度2以上」の最高等級を実現しています。

セントラル温水パネル暖房

セントラル温水パネル暖房イメージ

輻射熱で部屋全体をムラなく暖める

ガス温水暖房システムは各熱源で暖めた不凍液を循環させるシステム。お部屋や生活スタイルにあわせて、浴室暖房、床暖房、ルームヒーター、パネルヒーターの4種からお選びいただけます。

輻射熱による高い熱効率を追求することによって得たシンプルで飽きの来ないデザインです。

天井ニューダンブロー断熱工法

粒状グラスウール断熱材イメージ

吹き込みグラスウールで隙間を埋める!

天井吹き込み用の粒状グラスウール断熱材。専用マシンで粒状のグラスウールを吹き込む工法のため、吊木、配線、段差など、複雑に入り組んだ天井裏に隙間なく断熱材を施工するのに最適。断熱性能に加え、吸音性能、防火性能に優れており、専属の工事業者の施工が行われています。

トリプルサッシ

世界トップクラスの断熱性能

北海道の住まいにおいて、特に重要視しなければならないのは熱損失の割合です。冬の間、窓は日射の採り入れと同時に熱の大きな逃げ道になります。世界トップクラスの断熱性能のトリプルサッシはエネルギー消費の削減はもちろん、住宅の温熱環境を改善し快適な住環境を実現させます。

超断熱新工法(210mm)

国の省エネ基準を超える厚みの200mm

210mm断熱でQ値1.6を遙かに上回る「Q値0.9」以下を実現。暖房光熱費約4割以上削減可能(当社比)。内断熱+外断熱を兼ね備えたトリプル断熱の新工法です。外側の断熱に加え、柱・梁の間に断熱材を詰め込む内断熱を組み合わせ、住まいをすっぽりと包み込みます。 高断熱・高気密の超省エネルギー住宅を実現しました。

空調第1種熱交換換気システム

室外から給気する空気へ熱を伝える

UA値とC値にこだわるシーズンが考える北海道の住宅に一番適しているのは第1種換気システムです。第1種換気に多く使われている熱交換式換気扇は室内の排気する空気から熱などを回収して室外から給気する空気へ熱を伝わらせることで熱損失を軽減させる省エネに有効な換気機器だからです。

基礎断熱工法

寒暖に影響されづらい基礎を実現

床下に断熱材を施工せず、建物の外周に面した基礎立ち上がりに板状の断熱材を施工し床下換気口を設けない工法です。床断熱は、床下の温湿度は床下換気口によって外部環境に影響しますが、基礎断熱は床下換気口がなく、密閉するので、暖気や冷気の影響を受けにくく、室内環境に影響を及ぼしません。